FC2ブログ

04月≪ 2021年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2011.09.15 (Thu)

石川公演 MCレポ



V6 live tour 2011 Sexy.Honey.Bunny!


9月11日(日) 石川県産業展示館4号館 16:00開演



石川公演のMCレポです♪
レポをブログにあげるの久々です。代々木もまだだというのに…。
記憶が鮮明な石川公演を先にあげちゃいたいと思います。
多分間違ってるところも沢山だと思うのですが、雰囲気だけ残しておきます♪

※ここから先、ネタバレも多少含まれていますのでご注意を!!


【More】

快「盛り上がってるかー?」
客「イエーイ」
快「楽しんでるかー?」
客「イエーイ」
快「改めましてV6です、どうもー」

昌「お久しぶりですよね、石川。」
博「久しぶりだねー」
健「6年ぶりだね。」
快「なんと10周年のときぶりだからねー。
いやー、最高の盛り上がりですよ。」
水を飲みに行く坂本くん。
快「リーダー水飲んでんの?水分補給。」

快「今回、ステージがいつもと違う感じでやってますけど。
360度ステージってことで。
なんだけど、ちょっとセンターステージの位置がズレてるんだよね。
上に吊れる場所の関係でこういう感じにね。」
准「吊れる吊れないでね。」
快「ちょっと変則的にやってますけど。こういう(360度)ステージは10年ぶりくらいだよね。」
健「だね。」

快「冒頭から、今までやったことない曲をやってますよね。
これね、嬉しい悲鳴なんだけど、V6曲が多いのよ。」
博「多いよね。」
快「これまた、やってない曲もいっぱいあったから、そろそろやろうかと。
今までワンコーラスしか歌わないことが多かったけど、
今回フルサイズでやってる曲も多いんでね。最後までついてきて下さい!」
剛「改めて曲の良さを知ってもらいたいですよね。」
快「カップリングで知らない曲ばっかりって人もいるかもしれないけど。
練りに練ってますんで。」
昌「今回新しく作った曲もありますしね!
あの冒頭の『SP』の曲も初披露ですから。」
博「配信されてからコンサートが初めてですからね。」
快「キョトンとしちゃう人もいるかもしれないけどついてきてね。」

■MCテーマ『MC』…*

快「今回MCにテーマを設けてやっていこうと思うんですが。
今回のテーマは『MC』ってことで。」
昌「楽屋でやれって話ですけど。」
快「V6のMCってどう?他のグループはどうやってるのかな?」
剛「カミセン…カミコンに比べたら、よく出来てると思いますよ。」
客、拍手。
快「拍手はおかしい!俺はカミセンのMC好きだけどね。カミセンの部屋に来たみたいな。」
准「俺ら、MC打ち(合わせ)とか無いからね。」
快「じゃあ、カミセンはどんな感じで喋るの?」
健「雰囲気かな。」
准「楽屋で、こういうの喋ろうぜとか一切無い!」
快「そう言ったら、V6もトニセンも打ち合わせないね。
皆の顔見て決めるから!
だけど今回はV6、MCの打ち合わせしてるんですよねっ。」
客「えーー」
快「またテーマを決めることでダラダラしないで喋れるっていう。」
健「MCはコンポクト…」
快「コンポクト?」
健「(笑)。コンパクトがいいよね。」
快「中だるみするのが1番悪いですから。」

快「岡田くんはどうですか?V6のMCは。」
准「ホント、MCはイノッチがいて助かるよね。」
快「もともと居るけどね(笑)。MCのときだけいるわけじゃないからね!」
准「さすが、あさイチ」
快「あさイチやる前から居るから!」
博「ホント助かってますよ。」
快「16年このスタイルでやってますからね。
デビュー当時は酷かったよ。
テーマ決まってないから、まず6人一斉に喋る。中身がない…」
剛「オチがない!」
快「オチ、ないね。本当に中だるみしてましたね。」

快「健くんはどうですか?MCってコンサートの中でも占める割合多いですけど。」
健「そうですねぇ~…。なかなかファンの人達と交流会みたいなのが無いんでね。
一方的ではありますけどミニトークショー的な感じですかね。」
快「今回のステージでいうともうちょっと前に出ちゃう?
ディナーショー的な感じですかね。行ききますか?」

G、Hブロック前の通路に移動。

昌「お前たち(G、Hブロに向かって)待ってろよー!」
快「似合わない(笑)!」
昌「ごめんねぇ。」
G、H以外のブロックの方達に謝りながら歩く坂本くん。
快「おぉ!よく見えるね。」
健「普段は2階、3階ってありますけどこの会場は1階しかないからね。」
快「だから数多く皆さんを見えてますよ。」
昌「こんにちはー。」
快「先ほど、トークテーマがMCで、打ち合わせしてるって話をしましたけど。
その打ち合わせ風景の写真があります。」

1人張り切って仕切るリーダー。
目をつむって俯いてる他5名の写真&それを見たリーダーのかなり切ない顔の写真。

剛「切ないねー。」
健「前髪がムカつくな(笑)!
この写真だと坂本くんがハンガーにかかってるみたいに見える!」
昌「そうは見えないだろ(笑)。」

■坂本くんの髭…*

健「そういえば坂本くん今日髭なんだよね。どうしたの?
半分ゾロ!鼻から下がゾロみたい!ダンディーだね。」
快「伸ばしたの?」
博「それとも、剃ったのにもう生えてきたの?」
客「(笑)。」
昌「長野。お前おもしろいな。」
博「そういうこと言うな(笑)。」
昌「いや、髭って剛とか岡田のイメージだからさ、俺がしたらどんなリアクションかなって。」
健「試すねー。お客さんに聞いてみる?」
客「かっこいいー!」
昌「健、聞くとかやめなさい!」
快「大阪からやってきて初ですよね。石川だけ!特別バージョンで。」
昌「石川はそうさせるよねー。」
快「させるねー。」
博「どういうイメージでやってるの?」
昌「どういう?」
博「誰みたいとか。」
昌「うちの親父ですね。」
博「じゃあ髪もパンチにしないと!」
昌「いいのか(笑)?」
博「坂本くんパンチだと(グループとして)バランスとれない!」
快「トランペット持ったらクワマンさんだよね。」

■お仕事話…*

快「それぞれ仕事の話をしましょうよ。
坂本くんはその髭、実は仕事絡みじゃないの?」
昌「違いますね。残念ながら。石川がそうさせたんです。」
快「石川絡みってことで!」
昌「はい。石川絡み。」

快「長野さん何かありますか?」
博「俺?」」
快「長野さん、テレビ出てましたよね?」
博「はい。昨日!昨日だよね?昨日…」
客「おとといー!」
博「あ、一昨日か。」
昌「ちゃんと把握しとけよ!」
博「(笑)。またグルメの回に呼んで頂いて。」
快「グルメといえば長野博ってなってますから!凄いですよ。」
博「プライベートでも石川に食べに来たりしますよ。」
健「へーーー」
快「何回くらい?」
博「2、3回位かな。」
快「何を食べに?」
博「ステーキの美味しいお店とか。あとお寿司美味しいね!蟹の時期とか。」
准「何て店?」
博「…(ニヤニヤ)。」
快「長野くんは本当に美味い店は言わないんだよ。」
博「いやいや。」

健「長野くん1年にどれくらい行ってるの?」
博「んーっと、リピート入れたら800軒位かな。」
快「800!?」
博「新規だと700位。」
快「ちょっと!1年は365日しかないんですよ?」
博「1日3食ありますから!」
健「朝からやってるとこ無くない?」
博「ありますよ!」
快「ジョナサンしか知らない。」
博「ファミレス系ね(笑)。築地とか行けば、4時、5時からやってますから!」
健「そっちまで足伸ばすんだ!」
快「神だな。」

准「長野くんと付き合ったら、どっちかだよね。めんどくさいか…良いか。」
快「自分が女だったらって考えて、美味しいとこ連れていってもらえるからね。
でも自分が作るとときどうしたら良いんだろうね。」
准「凄いプレッシャーだよね。」
博「無理強いはしませんよ。
ご飯行くんだったら、美味しいって言ってくれるところに連れていく自信があります!」
客「おー!」

昌「で、手料理が美味しくなかったらどうするの?」
博「ダメ!美味しくないっていう前提なのがダメ。気持ちがない。」
剛「それでも!それでもまずかったらどうするの?」
博「そこは話ながらね!手伝ったりしながら。」
快「さりげなく塩つまんで?」
健「見てないとこで塩つまんで?美味くなったじゃん!って?」
博「もうちょっと塩入れてみよっかー!って徐々にね。時間をかけて。」
快「長野先輩!優しいわぁ~。」
博「なんで先輩(笑)?」
快「これから先輩で(笑)。」

快「今年既に何軒位行ったの?」
博「6月位までしか集計してないけど…」
健「集計!?」
快「集計ってすげーな。」
博「6月で350超えてた。」
快「すげー」
健「長野くんはあれでしょ?あの、チョーちっちゃい文字のメモ見てやってるんでしょ?
スワヒリ語みたいなやつ。あれは読めない!」
博「あれを清書するんですよ。」
健「清書してんだ!?」
快「長野くん、大丈夫?」
博「大丈夫ですよ!元気に踊ってますよ!」
快「大丈夫?仕事してる?最近長野くんが何人かいるんじゃないかって思うんだよね。」
博「あと2、3人欲しいね。」
快「食べ歩きロボットだ?」

快「剛くんは?ニューヨーク行きましたよね!」
剛「はい。来年の1月と2月に凱旋公演を東京と大阪でやりますんで。」
快「その後に凄いのがありますよね?」
剛「はい。次の、大河ドラマに平時忠さん役で出ます。」
快「時忠"さん"なんだ(笑)。次の大河って清盛さんですよね?」
剛「そうですね。」
快「ちょー楽しみだよね。しかも2回目でしょ?大河。毛利元就と。」
剛「前回は子供だったんで、記憶が無いんですよ。眠くて。」
快「今回は記憶に残るようにね。
単純に自分のグループに大河に2回も出てる人がいるって凄いなって思うわけ。
ちょっと言っといてよ、演出家の人に。俺達のこと。出たいよね?」
健「足軽とかで出たいね。タッタッタッタッって。」
剛「タッタッタッタ(笑)。似合うよ!」
健「(笑)。」
快「絶対観ますよ。」

快「健くんは?」
健「舞台やります。…えーっと…」
キョロキョロとチラシを探す健くん。
快「チラシがあるんだよね!こっちにでっかく映りますから。」
スクリーンにフライヤーが映る。
健「『ラブリーベイベー』という舞台を、
東京グローブ座で10/28~11/13まで、大阪でもやります!」
快「生背中が見れるわけ?」
健「どうですかねー…」
快「もったいぶるなぁ!」
健「いや、稽古がまだなんで。出てくるかもしれないし、出てこないかもしれないし。」
快「そこは盛り込んでいけよ!
自分からごり押しした方が良いよ!背中出せないんだったらやりませんよ!って。」
健「それ意味わかんない(笑)。」
快「だって見たいよね?背中。どういう話かもまだわかんないの?」
健「それは、だいたいはわかってるんですけど、ここは下調べしないで来て欲しいなって。」
快「おぉ!」
健「そこそこ高いお金を払ってきて頂くんで、そこはね!」
快「まぁ、けっこー高いよね。」
健「うん。だからその分楽しんでもらうためにも、事前情報を入れないできてほしいなーと。
何も知らないで見た方が、驚きもあると思うんで。
もし万が一情報が入ってきちゃっても、あのとき健くんが言ってたのはこういうことか!
ってわかると思います。」
快「頑張って下さい。」
健「ありがとうございます。」

快「岡田くんは今年忙しかったよね。」
准「そうですねー。今は『コクリコ坂から』やってます!」
快「おぉ!」
准「あとー…『SP』!革命篇のDVDが出ました!それと映画!『天地明察』撮ってましたぁ。」
快「公開は?」
准「公開は来年なんでちょっと先なんですけど、待ってて下さい!」
快「ちょっと先!岡田はすごろくが無いと進めないですからね(笑)。」
准「(笑)。」
快「俺、チェックしてるから!岡田っぽくて良いのよ。岡田くんが牛とね。」
健「でけー牛の隣でね。」
准「あの牛本物なんだよ。なかなか座ってくれなくて、20人位でやっと座らせた。」
快「20年?(笑)…20人でと裏話が聞けたところで、頑張ってね。」

准「イノッチもね!『あさイチ』がありますね。」
快「『あさイチ』もそうなんだけど、僕が出てるドラマ9係。
次が最終回なんですけど、1話完結なんでまだ見たことない方も見て頂きやすいと思います。
で、最後の方には我々の新曲『Sexy.Honey.Bunny!』も流れてます。
会場でも売ってます!普通にCDショップでも買えるんですけど、会場で買うと!」
健「まずは、こちらのBunny盤ですね。
こちらを買うと、こちらのBIGポストカードがもらえます。」
快「Bunny盤ね。Bunny盤下さいって言ってもらえれば、このポストカードをね。
それから岡田くんの持っているのは?」
准「こちらHunny盤です。」
快「CDのジャケットが3種類ありますから、そのジャケットのポストカードが付いてきます。
で、剛くん!」
剛「通常盤ですね。こちらのクチビルステッカーが。」
快「このステッカー、目に貼らないようにね。」
健「目に?」
快「真ん中に穴開けてさ(笑)。
で、このクチビルステッカーなんですけどー会場の前にパネルがあるの気付いた?
これにメッセージを書いて、そのパネルに貼って頂ければね。」

ここで、健くんがステッカーを自分の唇に貼る(笑)。

客「キャーー!!」
快「最後までその感じでいけよ(笑)。こういう遊びも出来るんですねぇー。
これね、大阪から初めてツアー中パネルを持ち歩いて、
メッセージがちょこちょこ増えていったらいいねーって思ってたら!
大阪でいっぱいになっちゃって。
で、神戸で新しいパネルにしたら、またいっぱいになっちゃって!
代々木でもいっぱいになっちゃったから、石川でも新しいものを用意しました。」

快「会場で売ってるといえばね!グッズ。
今回は健くんがデザインとかしてて。」
健「はい!携わらせて頂きました。
今回は女性の方が、女の子が使いたくなるものをっていうことで考えました。」
快「色々ありますよね。」
健「あと、今回Marching Jの!ワンコインで買える…」
快「パンダがついたカップがね。
買って頂ければ、その売り上げが被災地の方に届きますので、是非ご協力下さい。」

快「販売してるといえば!パンフレットですよ。
今回パンフレットの撮影でラスベガスに行きまして。
ただ写真撮るだけってんも何なんで、1人ずつカメラ持って撮りあいっこしたりした映像が
『WALK』って曲の中で流れてるんですけどー…」

という説明がイノッチがしながら、メインステージ側に戻るメンバー。
歩きながら、会場がザワつき准くんが笑っていたので。
快「岡田どうした?」
准「やめろよ~(笑)!」
剛「いるんだよ。こういう奴!」
准「いるんだよなぁ!」

健くんが自分唇に貼ってたクチビルステッカーを准くんの背中にさり気なく貼ってた(笑)。

准「すっごいさり気なく、『そうだよなぁ。』とか言いながら!」
さり気なく背中に手をまわすジェスチャーをしながら説明する准くん。
快「こんなにたくさん観てるからすぐバレるよ。
って!僕の説明聞いてました?健ちゃん。」
健「(笑)。」

快「曲の中の映像もそうだけど、移動中ずっと撮ってたんだよね。」
剛「移動時間6時間ぐらいありましたから。」
快「音声有りのバージョンのVTRをご覧頂きたいなと思います。」

この間に健くんが今度は坂本くんの背中にさり気なくクチビルステッカーを貼り付けてた様子(笑)。

昌「お前!小2か(笑)!」
健「いいじゃん。誰かにキスマーク付けられたみたいで(笑)!」

健くんかわいいなっ☆


■おまけ…*

MCでは無いのですが、イノッチソロ前の准くんとのトーク☆

准「この2人で並ぶとさ、思い出すよね!ジャンボリー兄弟!」
快「『学校へ行こう!』でね。懐かしいね。」
准「癒されたいかぁ~い。」
快「癒されたいのかぁ~い。」
准「コード覚えてる?」

ここで、懐かしのジャンボリー&ペンションの
『癒しのうた』(「♪君のハートを癒してあげる 」の曲。)
をイノッチがギターを弾いて、2人で歌ってくれましたーーーーっ。感激☆

快「歌うつもりなかったんだけどね(笑)。」
ラッキーでした♪

以上です!!!

------
*拍手を下さった方へ*
ありがとうございます!とっても励みになります。

Six Planets*+
↑たいていこっちに居ます。

テーマ : V6 - ジャンル : アイドル・芸能

19:27  |  レポ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |