FC2ブログ

04月≪ 2021年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2011.09.15 (Thu)

想うこと

9月11日(日)の石川公演に行ってきました!!!

初1人遠征でかなり緊張していましたが(予定通りに起きれるかドキドキして何度も何度も目が覚めてしまった小心者です/汗)無事行って帰ってこれました♪
そして、1人遠征の味を占めて帰ってきました(笑)。
そりゃ、皆でワイワイの方が楽しいに決まってる。
1人でご飯とか、1人で待ち時間を過ごしてたりすると、周りで楽しそうに会話してる方々を横目に見ながら「まざりたい…」と思ったりしましたが、1人は1人ですっごく楽しいです♪
私自身、1人で何かをするってことが嫌いじゃないからだと思いますが。
これを機に、今後は色んなところに1人で行っちゃったりしちゃう…かもしれませんっ。
既に「次はどこいこうかなぁ。」と考えている自分が居ますから。
味を占めるってこわいですね。ある意味病気ですわ(笑)。

さてさて。肝心の石川公演ですが。
私のお席はGブロックでした。
石川遠征の道中をリアルタイムでちょこちょこ更新していた『Six Planets*+』を読んで下さった方もいらっしゃるかもしれません。
良い意味でも悪い意味でも、色んなことがあり、色んなことを考えた公演でした。
それでも思い返して振り返ってみれば、6人と過ごした時間は本当に本当に楽しかったですし、6人がファンのことを1番に想い、考え、途中でコンサートを中断してまで少しでも見えない席の人のところにも行こうと努めてくれた。
あの場で出来る精一杯のことを6人はしてくれたことが本当に本当に嬉しくって感動しました。
急遽なことを沢山してくれたメンバーに感謝の気持ちでいっぱいです。
やっぱりV6が大好き!!!気持ちの行きつくところはそこなのです(笑)。

でも、あの場にいたからこその複雑な心境もあります。
正直、心の底から楽しめなかった部分もたくさんあります。
以下に、思ったことを記録として書き留めておきたいと思います。
あくまでもG1ブロックの列の真ん中辺りの席にいた私の感想です。

※演出や曲のネタバレを含みますので、NGの方はこの先進まないようご注意くださいませ。

【More】




開場時間と同時に会場に入り、自分の席に着きステージを見渡したとき、どこがメインなのかすら把握するのに時間がかかりました。
そして、目の前にある花道を見てビックリ。
何故なら割と近くにある花道が自分達の席と同じ高さにあり、しかも私達の座席はフラット。
この時点で、「ああ、ここのメンバーがきても見えないな。」と悟りました。

Gブロックの後ろに更にHブロックがあり、私の座席の何列か後ろ辺りからほんの少し高くなってるようでしたが、恐らくあまり意味が無い位のわずかな段差だったように思います。
どんな席が来てもそれは運ですし、その中には演出上死角になる席があるということも承知していたので、今回は遠いメインステージと、あとはモニターで楽しもうと心に決めていました。
ただ、この時点では、全然見えないとは思ってなかったです(汗)。
見えづらいだろうなぁとは思ってましたけど、花道に来ても見えないけれどメインステージとモニターは見えるだろうなと思ってたんですよねぇ。

だんだん座席が埋まってきて、私の周りの方々が口々に席に対する不安を述べているのを聞きながら、ちょっとずつ不安が増す私。
1人参加だったので、誰かとこの状況を分かち合うことも出来ず、1人で「どうなるかな…」と悶々と考えながら開演時間を待っていました。

開演時間。会場が暗くなり、皆一斉に立ち上がる。
その瞬間から…遠くのメインステージはおろか、モニターさえも人の頭を縫って辛うじて見えるか見えないかという状況に愕然…!
周りからも「見えない!」「見えない!」という悲痛な声多数。
私も心の中で「見えない…。」と泣きそうでした。
6人が登場した瞬間も確認出来ずで、歓声が上がっていたから出てきたらしいという感じ。
ステージでのパフォーマンスはほぼ見えない。
モニターを頑張って見てみても、人の頭の間にたまにチラチラ見える程度。

『OK』でステージを移動しながらのパフォーマンスはもっと見えない。
ピンスポが動いていて、こっちに来たらしいけど誰が来たのかさえわからない。
わからないまま向こうへいってしまうピンスポ。その切なさったらありませんでした。
最初の方は、ほぼ音を聴くことと照明を見ることしか出来ず、完璧置いてきぼり…。

メンバーの顔をこの目で初めて確認出来たのは、クレーンを使って歌ってくれた『12ヶ月』。
私のブロックには最初に准くん、その後に剛くんがクレーンを使って真上に来てくれました。
「やっと会えたーーーっ。」ってかなり嬉しかったです。
クレーンがあって良かったって本当に思います。

その後のトニセン曲の『days』はまたまた見えずだったので、このままクレーン使わなかったら全く見えないで終わるのかな…と思っていたら、『days』終わりにイノッチが話出しました。

快「ちょっといい?ここMCじゃないんだけど、気付いたことがあって。
こっちの方(G、Hブロック)全然見えてないよね!?」
客「見えなーーい!」
快「ごめんね。スタッフも一生懸命考えてくれたんだけど。
1回皆座ってみよう!座ったら良いことあるかもしれない。ね!1回座ってみよう。」

イノッチの言葉に素直に従い、着席するG、Hブロック。
座っても、身長が座高に変わるだけなのでステージの見えなさは変わらないのですが、気付いてくれたことが本当に本当に嬉しくて、泣いた。
見え方の確認をするために、坂本くんが客席におりてくれたりしました。

ここからは着席ブロックとなったG、Hブロック。
やっぱりステージは殆ど見えずで、わずかに見えるモニターと音声だけのコンサートでしたが、ここで悲観的になっちゃダメ!せっかくのコンサート、楽しんだもん勝ち!!と、にこ健゜の健くんの言葉を思い出しながら、見えないなりに楽しんだつもりです。

その後、イノッチが言っていた通りに良いことがありました。
なんと、MC前の『WALK』とアンコールの『Sexy.Honey.Bunny!』でG、Hブロックの通路におりて来てくれたのです。
嬉しくて嬉しくて感激でした!
正直、普段の私なら、客席登場ってあんまり…なんですが。
そりゃ近くに来てくれたらとっても嬉しいけれど、客席におりるとどうしてもマナーを守れない人が居て、そんな人達にもみくちゃにされる6人を見たくない…というのが1番の理由。
今回、自分の側の通路を通って後ろへ行ってしまったら、モニターも見えないので、私はメンバーがどこにいるかも把握出来なかったのですが、後から聞いた話、やっぱり今回もやはり席移動やらのマナー違反があったようですね。
そういう話を聞くと、折角ファンを想っておりてきてくれた6人の気持ちを踏みにじっているようで、本当に本当に残念で悔しく思います。
でも、おりてきてくれて、通路を通り過ぎる数秒だけでも間近で6人に会えたことに救われたのも確か。
あれが無かったら、本当に「見えない…」だけで終わったコンサートでした。
急遽だったのでリスクも相当あっただろうし、でも見えないブロックがあると知って、その人達も楽しめるようにっておりてきてくれたことが本当に本当に嬉しかった。

何でステージを組んで座席を並べた時点やリハーサルの時点で気付かなかったの?とか、ステージと同じ高さに客席を並べたら後ろからは見えないことぐらい素人でもわかるのに…とか、全く見えない席をあんなに沢山作るなんて…どうなのよ?とか、悲しい不満だってたっくさんたっくさんあるけれど、私は石川公演に行けて良かったなって思います。
この石川公演が初見じゃなくて良かったなぁとは思いますが(汗)。

いつかリベンジしてやる~とも思います。
なので、また来てね。(あ、私の場合「行ってね!」かな?)
また、もしまた石川の地でやって下さって、都合などが合えばきっと行きます。石川!
今回のリベンジを是非させて下さい。
このことを生かして、6人ならきっとやってくれるはず!と信じてますよっ♪

長くなりましたが、この辺で。
次は新潟公演ですね☆
行かれる皆様、6人と楽しんできてください(^^)v
私の次回は横浜公演です♪

------
*拍手を下さった方へ*
ありがとうございます!とっても励みになります。

Six Planets*+
↑たいていこっちに居ます。

テーマ : V6 - ジャンル : アイドル・芸能

14:13  |  V6  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |