FC2ブログ

04月≪ 2021年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009.07.31 (Fri)

ラジオデー

昨日、健くんがゲスト出演するTOKYO FM『Wonderful World』の観覧のため、スペイン坂スタジオまで行ってきました~☆
事前に入念に調べた甲斐あって迷わずスムーズに行けました。
1人で渋谷の地に降り立ったのは、今回初めてだったんですが…やっぱり渋谷は怖い!出来ることなら1人では行きたくない地です(苦笑)。
帰りに2回くらいよく分からない人に声かけられたし(--;)
『Hello-Goodbye』を聴きながら歩いてたので、何言われてるのか全く分からなかったけど。
怖い…怖いけど、健くんに会うためならば!行っちゃいますよ♪

スペイン坂スタジオに到着したら、まだ人もまばら。
暫くしたら、係員の人が「周りの人と確認して整理番号順に並んでくださーい。」と言ってたので、「何番ですか?」と聞いてまわりながら並びました。
それから、身分証の確認。
また暫く待って、1組目が観覧に入る。私は2組目。

スタジオに入ると、健くんが居ましたーーーーッ!!(当たり前)
チマッと座ってる様が可愛くて、顔は冷静を装ってましたが心臓がヤバイことに(笑)。
ただ、想像以上に黒かった。(また一段と黒くなっていたような/笑)
でも顔ちっちゃすぎるよー。女の私より小さいよね、きっと(爆)。

服装は白のシャツ(Tシャツではなく、Yシャツの半袖バージョンみたいな。←説明下手ですみません/汗)に黒のベスト(後ろ部分はグレイの。多分私物。)。
下は黒のパンツに黒の靴でした。(ブースに座ってるときは上半身しか見れないんですが、退場するときにチラッと確認。)
肌が黒いため、白のシャツが余計白く感じられました。

私が居たのは、ちょうど健くんを真正面から見られる位置で、健くんがDJさんの方を見る度に目線が合って、思わず逸らしちゃったりもしました…(爆)。
だって、健くんいちいち上目遣いなんですもん(〃∇〃)
あの目で見られたらヤバイです。

健くんは、あんまりファンの方は見なかったけど(あんなに周囲を取り囲まれてたら、見るに見れないですもんね。)退場するときはちょうど曲中だったこともあって、お手をフリフリしてくれましたよー☆
そのお手をフリフリする健くんが可愛すぎて見とれてたら、出口付近で蹴躓きました(苦笑)。
観覧時間は2、3分くらいでしたが、あんなに近くで健くんを見ることが出来たし、行くことが出来て本当によかったです(*^^*)

家に帰ってきたのは19時半くらいだったんですが、20時から健くんがFM-FUJIの『FEEL SO MUSE』に出演するということだったので、すぐスタンバイ。
我が家のコンポでFM-FUJIは入らないんですが、何故か母所有のポータブルラジオでは雑音交じりながら入るので、それで聴きました。
録音出来なかったのが残念すぎる(涙)。(ポータブルラジオでは録音出来ない…。)
だって…だって、まさかの約60分出ずっぱり。
健くんはスペイン坂からFM‐FUJIに直行したんでしょうね。忙しや~。
以下、放送内容メモ。
メモをとりつつ聴いてたんですが、一部メモをとらなかったのでそこだけ抜け落ちてます。
間違ってる部分もあるかもですが、大目に見てくださいm(__)m

【More】

健くんとDJの方2人でのトークでした。

「本日はComig Centuryの三宅健さんにお越しいただきました。」
「よろしくお願いします!」
「ラジオはお好きですか?」
「好きですね!自分でもやってるので。独特の間とかいいですよね。」
昨日のゲスト島谷ひとみさんから「昔ロケ中の三宅さんを表参道でお見かけしたことがある。聞くところによるとお相撲がお好きだそうですが。」みたいな内容のメッセージ。
「ありがとうございます。島谷さん。」
「相撲好きのきっかけは何だったんですか?」
「ちっちゃいときから好きだったんですけど、きっかけはファミコンのつっぱり大相撲ですね。同世代の人なら分かると思うんですけど、うちのマネージャーも同世代で。」
「三宅さんの相撲好きはゲームからなんですね!好きな力士は?」
「武双関。正面から真っ向勝負というところが好きでした。」
「相撲は生で見るとやっぱり違いますか?」
「生で是非見てもらいたいですね!お客さんのわき上がる歓声を肌で感じると凄いですよ!」
「座布団投げとかしてみたいです。したことありますか?」
「僕はしたことないです。」
「焼き鳥とか食べたいです。」
「じゃあ、桝席で(笑)。」

♪ 『Forget it all』

「レコーディングはどういった感じで?」
「気持ち優先タイプなので、曲によって照明を暗くしてレコーディングしたりしました。」
「『Hello-Goodbye』も暗くしたんですか?」
「いや、『Hello‐Goodbye』はしてないですけど(笑)、雰囲気づくりは大事なので。」

「デビューしたときと気持ちの変化みたいなものはありますか?」
「デビュー当時は『Theme of Coming Century』っていう『MUSIC FOR THE PEOPLE』のカップリングの曲の、歌ってたんですけど。作詞はジャニーさんで。凄く元気いっぱいの曲だったんですけど、今考えると、あのときは気持ちうんぬんとか考える余裕がなかったですね。」
「気持ちよりも、勢い重視な感じで?」
「そうですね。この前3人でも話してたんですよ。6年間の気持ちを盛り込めたらな、と。」
「今回の『Hello-Goodbye』は勢いだけの曲じゃないと。」
「そうですね。曲を提供してくれたSponteniaも褒めてくれて。すごくチヤホヤしてくれるんですよ。だから、自分たちもすっごく調子こいちゃって(笑)。Sponteniaのスタッフの人も『Sponteniaよりイイよ!』って言ってくれましたね。」

♪ 『Hello-Goodbye』

「楽曲提供したSponteniaとは元々面識があったとか?」
「そうなんですよ。Microのライブに行ったときに、新しいレーベルを作っててそこにSponteniaがいたんですよ。それから、うちのディレクターがカミセンの曲の候補で持ってきてくれたときに、Sponteniaの曲があって。『あ、Sponteniaじゃん!』って。こんなに早く仕事をすることになるとは思わなかったです。」
「Sponteniaよりも上手いって言われたんですよね(笑)。」
「(笑)。リップサービス入ってると思いますけど。」
「今後Sponteniaと一緒に…」
「そうですね。Sponteniaと一緒に『Desert eagle』と『Hello-Goodbye』歌いたいです!」
SponteniaのTarantulaさんの帽子の中には何が入ってるのか、みたいな話題も(笑)。

「メールが届いています。『健くんが1番思い入れのある曲はどれですか?』」
「そうですねー…。『ファイト』ですかね。今頑張らなきゃいけない!っていう人に是非聴いて頂きたいです。そういう想いを大切に歌ったので。」
「そんな『ファイト』、三宅さんが歌いだしですよね!」
「そうですね(笑)。」

ソロ曲『4U』。
「いつもの高めの声ではなくて、僕の重低音を楽しんで頂ける1曲です。」
「吐息まじりの?」
「吐息を感じて欲しいです。」

「『Hello-Goodbye』のPVは楽しい感じですよね。」
「そうですね。マスクマンが出てきたりとか。」
「こちらのミニアルバムは3種類あって、ジャケットもラフな感じでいいですね!」
「そうですねー。普段の僕達、といった感じで。通常盤は僕達の食べ残しなんですけど。」
「やっぱり3種類全部買って頂きたいですね!」
「このご時世ですから、全部買ってくれなんて言えないです。財布の紐をしめるも良し緩めるも良し、それは皆さん次第ですね。」
「じゃあ、3種の中でこれはオススメ!っていうのはあるんですか?」
「いや、どれもオススメですね。当店は全部オススメなんですよー(笑)。」
「まぁ、3つで1枚みたいなところもありますもんね!」
「ハハハハ。」

健くんのセレクト曲。
RADWIMPS『おしゃかしゃま』
「RADWIMPSは影響を受けたアーティストというところにも書かれていますが。」
「野田くん天才だなって思います。」
「あとはBUMP OF CHICKENとかもお好きだそうですが、どの辺が?」
「曲の世界観が好きですね。藤原くんの頭の中が知りたいなって思うくらい。」
「機会があったら共演したいみたいな願望もありますか?」
「そうですね。BUMPは会ったこと無いですからね。」
「あと、Mr.Childrenもお好きで、しかも仲がいいとか。」
「そうなんです。10代の頃から可愛がって頂いていて。」
「おじさん達って書いてありますけど(笑)。」
「特にドラムのジェーンさんとは仲良くさせて頂いてるんですけど、ただのオジさん達ですよ。でも、ステージ上では物凄くかっこいいんです!」
「三宅さんも舞台上とプライベートは違うんですか?」
「そうですねー…。普段はただの人ですからね(笑)!」
「盆栽好きな(笑)?」
「はい(笑)。」

♪ RADWIMPS『おしゃかしゃま』

「三宅さんセレクトのRADWIMPS『おしゃかしゃま』をお届けしましたが、いかがですか?」
「改めて聴いてみて、やっぱりかっこいいですね!テンション上がります。」
「歌詞も独創的ですよね。そういうのがお好きなんですか?」
「素晴らしいですよね。尊敬します。」

「メールが届いてます。『コンサートをやる上での裏話があったら教えて下さい!』」
「30代の大台が2人いますからね。岡田くんも来年大台にのりますから。やっぱり10代のときと体が変わってきますよね。岡田くんは本番前に、自分の体をバチバチ叩きながら『目覚めろオレの体!』『大丈夫か!オレの体!』とか言ってますよ。」
「いや~、そんなカミセン想像したくないですね(笑)。そんな岡田さんの横で三宅さんは何をしてるんですか?」
「僕も叩いてますね(笑)。」

「もう1通メールを。『コンサートのここに注目というポイントは?』」
「ちょこちょこマイケルが入ってるところですかね。マイケル・ジャクソン追悼の意味を込めて、所々にマイケルが振り付けに入ってます。」
「それはムーンウォークとか?」
「そうですね。分かる人にしか分からないと思うんですけど。」
「それはどの辺りで?」
「そこはご自分で見つけて頂きたいな、と。」
「えー。教えて下さいよ。」
「『Forget it all』の振りの中にも入ってます。」

全国ツアー開催中のお知らせを挟み…
「本日のゲストは三宅健さんでした!」
「ありがとうございました!」

♪ 『ファイト』

-------
以上、これが私がメモをとった部分の全てです(笑)。
他にも色々話してたような気がするんだけど、思い出せず。
メモがとれずまるまる抜け落ちてる部分は、『Forget it all』の話だったと思うんですが、コンサートの演出の話をしてましたね。(ネタバレ回避中の私ですが、健くん発信のネタバレならいっかーと/笑)

あと、急いで送ったメールが採用されてしまいましたッ!有難い!
本当に急いで打ったので、もっとこう書けばよかったとかいう後悔もありますが、健くんに質問に答えてもらえたのが嬉しかったです(^^)

------
*拍手を下さった方へ*
ありがとうございます!とても励みになりますッ♪

20:52  |  レポ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>>pinkちゃんへ
つたないレポもどきを読んでくれてありがとうッ(*^o^*)
チマッと座ってる健くん、めちゃくちゃ可愛かったよ♪
やっぱり健くんは、いつもの健くんでした(笑)。

メールの採用もいきなりでドキーーッとした(笑)。
自分が書いた文章を読まれるって嬉しいけど、
凄く恥ずかしいねー(*/∇\*) ヤバイ。
コメントレス*まなみ |  2009.08.02(Sun) 00:21 |  URL |  【コメント編集】

まなみちゃんー!すごいねー♪
この記事読んで興奮したよぉ~~!!!
様子を教えてくれてありがとう^^*
チマッと座ってるなんて想像しただけで
かわいすぎるっっ!!!

しかもメール採用も!!!
なんだか嬉しいことだらけだね(>ω<*)
ほんとうに行けて良かったねッッ☆
pink |  2009.08.01(Sat) 00:21 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://6planets.blog52.fc2.com/tb.php/100-fb7591ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |